愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2019年12月7日(土)
今日は様々な行事・イベントに顔を出しましたので、この日記に書きたいこと満載ですが、紙面の関係でどの行事も短めに紹介します・・・

ひまわり&たんぽぽカラオケ同好会主催による「紅白歌合戦」の冒頭に挨拶をさせて頂きました。「音楽は喜びを倍に、悲しみを半減させてくれます。カラオケを通して益々元気に、そして幸せになられることをご祈念申し上げます。」来年はぜひ出演したいと思います。

ひかりの家さんで行われている『ひかりっ子 お楽しみ会』でご挨拶をさせて頂きました。

理事長の横山さんは刈谷北高校の1年先輩、専務理事の大南さんは1年後輩です。以前、県の職員さんとお話しをした時に「ひかりの家さんは永年、障害者福祉にしっかり取り組んでおられるので信頼がおける」ととても高い評価を頂きました。多くの善意に支えられた実績です。

知立の藤田屋さんで行われた蜂須賀信明議員の後援会役員総会・懇親会に出席し、激励のご挨拶をさせて頂きました。

会場超満員の100人、蜂須賀さんにとっては正に百人力の応援団です。アトラクションには蜂須賀議員の高校の後輩で南米では大人気の「魂を削って歌う男」ロベルト・杉浦氏の歌謡ショーが行われ会場割れんばかりの拍手が沸いていました。

刈谷市に対してきちんと物の言える議員として、益々のご活躍を確信しています❗

刈谷音楽協会さんからご招待を頂き、総合文化センター小ホールで開催された『みんなで楽しむ お話しクラシック』に出かけました。

知り合いが沢山出演しています。クリスマスメドレーなどを、ゆたりとした気持ちで聞きながら日頃の忙しさで疲れた心身を癒さすことが出来ました。金管五重奏の中でトランペットを吹いていた岡田さんが扮するサンタクロースとの記念写真。 サンタさんから何かプレゼントがあるかもです!(笑)

そして、会場を出たらアトリウムコンサートをやっていました。アメイジング・グレイスやハーブの音色で更に癒されています! これがサンタさんからプレゼントかもしれませんね\(^-^)/

そして今日の予定の最後は、安城のデンパーク農場レストラン[花車]で開催された『子ども食堂ほっとライス忘年会』に参加しました。私は何もお手伝いをしていなくて、いつも激励のつもりで顔を出しているだけですが、そんな私でも今日の忘年会に誘って下さいました。本当にありがとうございます。

「いつかじっくりと話がしたい」と思っていた 子ども食堂関係者の方々とじっくり話をすることが出来て、楽しく美味しい忘年会になりました。
2019年12月6日(金)
愛知県12月定例議会一般質問が行われ7名の議員が登壇しました。その中で二人の議員より、現在県が進めている[スタートアップ支援について]質問がありました。

新市場を開拓するスタートアップ企業を支援するために、鶴舞公園南側にある勤労会館跡地に拠点施設である[ステーションAi(アイ)」を整備する計画があります。そしてこの中核施設である[ステーションAi(アイ)」の整備に加えて、県内各地域に様々なテーマ・分野に特化したサテライト支援拠点も整備する予定になっています。

そしてその整備候補地については「現在、県がヒアリング調査等により市町村などに意向を確認しているところ」とのことでありました。

ものづくりを支える自動車産業のまち刈谷市としては当然、サテライト支援拠点を整備すべきだと思うのですが、刈谷市の意向はどうなっているのか、後日確認しておきたいと思います。

100年に一度という大変革期を迎えている自動車産業、だからこそスタートアップ企業を起爆剤として、新たなイノベーションに早急に取り組む必要があるのです。
2019年12月5日(木)
愛知県12月定例議会

刈谷市議会では行われていなかったのですが県議会では会派ごとの代表質問が行われます。質問時間は1人80分以内(質問50分、答弁30分)と決められており、質問者と知事の答弁は壇上で、警察本部長・教育長は自席で答弁をします。

今日は、自民党政調会長の石塚議員と新政あいち県議団政調会長の嶋口議員のお二人が登壇しました。項目を紹介しますと・・・

石塚吾歩路議員

1.行財政運営について
(1)県税収入の見通しと今後の財政運営について
(2)次期行革大綱の策定について
2.新しい時代に飛躍する愛知づくりについて
(1)第2期の人口ビジョンと総合戦略について
(2)アイチ・スカイ・エキスポの利用促進に向けたeスポーツイベントの活用について
(3)名古屋港の浚渫土砂による中部国際空港沖公有水面埋立事業について
3.活力と魅力あふれる愛知の実現について
(1)観光振興について
(2)FIA世界ラリー選手権(WRC)の愛知・岐阜開催について
(3)あいちトリエンナーレについて
4.安全・安心な暮らしの実現について
(1)河川の治水対策について
(2)ゼロメートル地帯における災害対策について
(3)地域医療構想の推進について
5.次代を担う人づくりについて
(1)新しい時代における魅力ある高等学校づくりについて

嶋口忠弘議員

1.県税収入の見通しと今後の財政運営について
(1)県税収入の見通しについて
(2)今後の財政運営について
2.次代を担うモノづくり産業の振興(ロボット産業の振興)について
3.第4次産業革命に対応したイノベーションを推進するスタートアップ・エコシステム形成に向けた取組みについて
4.県民750万人全員活躍社会づくりについて
(1)民間企業における障害者の就労支援について
(2)多文化共生社会づくりの推進について
5.働き方改革の推進(教員の多忙解消と良好な教育環境の整備)について
6.子ども・子育て応援社会づくりについて
(1)子ども・子育て支援の充実について
(2)児童虐待防止に関する取組について
7.安全・安心なまちづくりについて
(1)災害から県民の命・財産を守る強靭な県土づくりについて
(2)交通事故死者数全国ワースト1位返上に向けた取組について
2019年12月4日(水)
今朝はミササガパークではなくて、市原稲荷神社さんでのラジオ体操に参加しました。

開始前には焚き火を囲み、紅葉が綺麗に・・・季節を感じながらの一朝です。終了後は喫茶待夢さんでモーニング。皆さんとの会話を楽しんでいます。

昨日のHP(Fb)をご覧になった方から「⑤特別支援教育の充実と⑧FIA世界ラリー選手権ラリージャパンが気になります」との声をお寄せいただきました。本来は全ての項目についてもう少し詳しく説明した方が良いのでしょうが、それですと知事の[提案説明]全てをUPするようなことになってしまいますので、そちらは後日、議事録から検索頂くとして、このHPではその方にお答えした2項目についてお知らせします。

[特別支援教育の充実]について
①10月25日に瀬戸つばき特別支援学校の開校記念式典を開催した。251人の児童生徒が通学しており、春日台特別支援学校と三好特別支援学校の過大化による教室不足や長時間通学が解消した。
②来年4月には県立福江高等学校の施設を利用して、知的障害のある高等部の生徒を対象とした豊橋特別支援学校の分教室として「潮風教室」を開設予定
③西尾市で本県初となる知的障害と肢体不自由の児童生徒に対応した特別支援学校を新設する

[FIA世界ラリー選手権ラリージャパン]について
①2020年のFIA世界ラリー選手権の愛知・岐阜開催が決定し、テストイベントとして11月9日・10日に愛・地球博記念公園を中心に「セントラルラリー」が開催された②7つの観戦ポイントが設けられ34台のラリーカーによるタイムアタックの迫力を約4万人が観戦
③来年11月のラリージャパンは最終戦の予定であり、年間世界チャンピオンの決定が見込まれる大一番のラウンドとなる。今回のテストイベントの成果を生かしながら、今後、日本を代表するモータースポーツの中心地として世界に大きくアピールする大会になるようしっかり取り組んで行く

2019年12月3日(火)
愛知県12月定例議会が本日から12月20日までの日程で開会しました。諸般の報告・会期の決定の後、先の9月定例会において新たに教育委員に選任された塩谷育代氏から就任の挨拶がありました。

「塩谷育代」・・・どこかで聞いたことのある名前だ、と思われる方もあるかもしれませんが、そうです女子プロゴルファーの塩谷さんなのです。塩谷氏は名古屋市立桜台高校を1981年に卒業。翌年プロテストに合格し、92年と95年には女子プロゴルフの年間賞金ランキング1位に輝き、通算優勝回数も20回と素晴らしい戦績を残しておられます。愛知県がプロスポーツ選手を教育委員に選ぶのは初めてのことです。県の教育行政にスポーツマンらしい爽やかな新風を吹き込んで下さることを期待しています。

その後、大村知事から全ての議案の提案理由説明がありました。項目ごとのタイトルだけを紹介しますと・・・

①最近の経済情勢と来年度の予算編成
②愛知スタートアップ戦略の推進
③知の拠点あいち重点研究プロジェクト
④豚コレラへの対応
⑤特別支援教育の充実
⑥中部圏知事会議
⑦国の施策・取組に対する要請
⑧FIA世界ラリー選手権ラリージャパン
⑨自動運転実証実験
⑩あいち技能五輪・アビリンピック2019
⑪中国の大学との覚書締結
⑫働き方改革の推進
⑬G20愛知・名古屋外務大臣会合
⑭中部国際空港の機能強化
⑮新時代に対応した工業高校の魅力向上
⑯愛知県学術顕彰
⑰交通安全対策の推進

そして最後に議員提出による「交通死亡事故の根絶についての決議(案)」を全会一致で可決をして、本日は散会となりました。明後日は代表質問が行われます。
2019年12月2日(月)
雨降りのため事務所で[日記で綴る県政報告]の原稿書きをしていました。

本来は、12月定例会の内容を含めて1月に発行する予定だったのですが、9月定例会から12月定例会までの間の出来事が沢山あったため、1月発行の物だけでは賄いきれずに急きょ12月にも発行することにしたのです。

コロンブスレポートの時はA3で2枚、つまり8ページだったのですが、[県政報告]になってからは新聞折込の関係もあってA3で1枚だけになってしまいました。そのことも追加発行の理由としは大きいのですが・・・

内容としては①9月定例会最終日 ②高校の私学助成拡充 ③福祉大会参加 ④グラウンドゴルフ場整備 ⑤日本ボーイスカウト愛知連盟創立70周年祝賀会 ⑥安全・安心対策特別委員会の県外調査 ⑦無所属議員の連絡会

これらの内容で、12月20日前後の発行を予定しています。
2019年12月1日(日)
早いもので今日から師走。ミササガパークでのラジオ体操を終えた後、松秀寺・秋葉社で開催されている『おかげさんで ご縁市』にお邪魔しました。

2年前から始めて今回が10回目とのこと。「地域の絆が希薄になった」と言われる一方で、地域の方のご努力でそれを取り戻す取組みもあちらこちらで見られます。この『ご縁市』もその一つ。

手作り品や農産物の販売や演奏会など、のどかな雰囲気の地域交流の場で、私も沢山の方とふれ合うことが出来ました。 次回は来年3月8日(日)です。

その後今日は議員としての活動はお休みを頂いて、家族と過ごす貴重な一日となりました。
2019年11月30日(土)
桜市民館では上田市議会議員さんなどのご尽力により、毎月1回[子ども食堂 ほっとライス]が開催されています。

今日のメニューは11月らしく「さつまいもときのこ味噌汁」「さつまいもと豚の炒め物」「さつまいものバター焼き」と「お芋づくし」です。

また、写真の幟旗にもあるように会場では[ランドセルプロジェクト]も行われています。

そして2階ホールでのイベンは加藤みつ子さんによる二胡の演奏です。 「紅葉」「里の秋」「小さい秋見つけた」「隣のトトロ」「さんぽ」「赤とんぼ」などこちらも11月らしい秋の歌、ゆったりとした調べに心が癒されました。

隣の神社社務所ではぶんぶんゴマの工作、帰り際には「お菓子のつかみ取り」など子ども達の笑顔が溢れる催しです。朝から準備に追われたスタッフの皆様、本当にお疲れ様でしたm(__)m
2019年11月29日(金)
朝、愛知県庁正面玄関前において、12月1日から10日まで実施される「年末の交通安全県民運動」の出発式が行われました。

大村知事・神野県議会議長・後藤県警本部長の挨拶の後、名古屋市立第一幼稚園の園児の皆さんによる演技、県警音楽隊による演奏、そして書家でタレントの矢野きよ実さんと知事による交通安全を呼びかけるトークが行われました。写真に愛知県警のマスコットキャラクターの[コノハけいぶ]と並んで写っているのは、愛知県交通安全キャラクターの[シーベルちゃん]だそうです。初めて見ました (@_@)

年末は忘年会などで飲酒の機会が増えますが、飲酒運転は「絶対にしない、させない」を徹底し、全ての皆様が笑顔で新年を迎えられるよう交通事故防止に議員としても全力で取り組んで参ります。
2019年11月28日(木)
刈谷まちづくり市民会議主催による『第5回 刈谷大人の学校勉強会』に出席しました。

「市民団体から働き掛ける開かれた議会と主権者教育の試み」というテーマで、前半は市民団体[せいじ~る]代表の池田哲也氏による、若者議会や市議会議員選挙の公開討論会の話、そして後半は議会改革度調査2018ランキングで全国4位になった岩倉市議会の試みについて、お二人の岩倉市議会議員からお話を伺いました。

岩倉市議会は市民公募の「議会サポーター制度」を導入したほか、有識者を講師に招いての講演会も実施。住民との対話の場「ふれあいトーク」も継続開催するなど、開かれた議会に向けて積極的に改革を行っておられます。

そして今春の市議会議員選挙では、定数15のところに23人も出馬をして大激戦でありました。

刈谷市においても、市議会議員選挙における投票率の低下が問題になっていますが、私は「市議会が開かれた議会として、市民にとって身近なものになり、選挙が激戦になれば投票率は自ずから上昇する」と思っていました。しかし・・・

今春の岩倉市議会議員選挙の投票率は45.46%で前回より3ポイントほど低下しているのです。4年前より6ポイントほど低下した今年夏の刈谷市議会議員選挙が50.85%ですから、私のこれまでの考え方が全く当てはまらないことになります。

今日の勉強会の主催者である安城学園高校の坂田元校長先生は、この問題について主権者教育充実の必要性を訴えておられました。時間の掛かる話かもしれませんが、確かに重要なことだと思います。
2019年11月27日(水)
聞けば、聞くほどためになる『高齢ドライバー 交通安全セミナー』に出席しました。

大変残念なことなのですが、愛知県は2003年から16年連続して交通事故死者数全国ワースト1位となっています。そして例年、12月は死亡事故が多発する傾向にあることから、悲惨な交通事故を1件でも減らす目的で、急きょ9月議会において補正予算を計上してこのセミナーを開催することになったのです。

第1部は「高齢者に求められるドライビングテクニック」についてと題してパリダカのドライバー篠塚健次郎氏の講演。第2部は「高齢ドライバーの人間特性と運転行動」と題して名古屋大学特任教授の青木宏文氏による講演。

そして第3部はそのお二人にラジオパーソナリティのつボイノリオさんを加えての[交通安全トーク]が行われました。また、ロビーでは各種ブースも開かれ、私もドライビングシミュレーターを体験しました。

私のドライバーの立場での安全運転宣言は「早めのライト点灯をする」「飲酒運転は絶対にしない! させない!」「スマホを操作してのながら運転はしない」です。確実に実行します。
2019年11月26日(火)
夜9時。食品衛生協会の役員さんとの一泊二日の研修旅行を終えて自宅に帰って来ました。最後の見学先である新国立競技場前にあるオリンピックミュージアムを出発したのが午後2時ですから、実に7時間のバスの旅です。

新幹線なら1時間40分、飛行機なら上空僅か50分、それがバスですと6~7時間。東京が改めて遠いと感じた今回の旅でした。

それでもそのおかげで、特に行きのバスの中では、食品衛生指導員の皆様と協会のことや指導員のこと、保健所のことなどしっかり意見をお聞きすることが出来ました。

今回頂いた声を、12月定例会の福祉医療委員会の一般質問においてしっかり県に届けて行きたいと思います。
2019年11月25日(月)
現在朝7時。紅葉で染まったミササガパークでのラジオ体操を終えて、事務所に戻ってキーボードを叩いています。

今日と明日の2日間、愛知県食品衛生協会衣浦東部支部の役員・指導員研修旅行で東京に出かけます。約7時間掛けてのバスの旅。では、行って来ます!
2019年11月24日(日)

刈谷駅南口みなくる広場では環境をテーマにしたイベント『Letsエコアクション in AICHI』が開催されました。「つなげよう!SDGsへ そのアクション」のサブテーマの通りSDGsについて学ぶカードゲームなどのブース出展などの他、仮面ライダーゼロワンショーなどの子供向けイベントも行われています。

また、過日募集をしていた[エコキャラ(エコアクションを題材としたマスコットキャラクター)]の優秀作品表彰式も行われました。この企画には334作品の応募があり、優秀作品14作品が決定をしました。

その後、刈谷文化協会の表彰式に来賓として出席しました。現在文化協会の会員数は1637名、その中から刈谷文化賞として短歌の鈴木八重様と手工芸の長澤素子様、刈谷文化奨励賞として11名の方が、長老栄誉賞として43名の方が表彰を受けられました。

多年に亘る文化活動の功績に心から敬意を表します。

そして表彰式の後には[文化を語る会]が開催され、県議会議員の立場でご招待を受けました。この会には刈谷市議会の議長と市民文教委員長が毎年招待されています。私は2015年に市民文教委員長を務めましたので、その時以来4年ぶりに出席の機会を頂いたのです。

刈谷文化協会に所属している各部会の主だった方々が出席して、文化を語り・懇親を深めているこの会は、多くの方との出会いの中でとても勉強になる有意義な会です。

刈谷文化協会の益々のご発展を心からご祈念申し上げます。

2019年11月23日(土)
JAあいち中央野田支店の『支店まつり』が開催され、素晴らしい天候の下、大勢のお客様で賑わっていました。

支店長様の案内で、お餅つきをして、花の苗や名古屋コーチンの卵を買って、最後は芋ご飯と豚汁の昼食を頂きました。使用している食材は全て組合員さんの所で出来たものばかり、究極の地産地消です!

私が顧問を務める刈谷音楽協会創立15周年記念事業『青島広志の音楽講座「名曲で紡ぐ音楽史」』がアイリス小ホールで開催されました。この会の実行委員長さんは、私の後援会女性部長でもある加藤美代子さんです。

「この内容を小ホールの人だけで見るのはもったいない、もっと大勢の人に楽しんでもらえる大ホールでやっても良かったのではないか」と思えるほど素晴らしい内容で、人を惹き付けるパフォーマンスの凄さと、音楽の楽しさを存分に味わうことが出来た音楽会でした。

刈谷音楽協会創立15周年、心からお祝い申し上げます。これからも「音楽の薫るまち 刈谷」に向けて更に発展されることをご祈念申し上げます。

2019年11月22日(金)
ミササガパークでのラジオ体操の後、今日は松栄公園に足を伸ばしてみました。

こちらの公園では平日朝7時から太極拳が行われています。「今日は雨が降りそうだから参加者は少ないですよ」と言われましたが、それでも30名ほどの方が参加しておられました。約40分間、動きはゆっくりなのですが、結構身体には堪えます。呼吸を整え、身体を柔らかくして・・・毎日続けると体質が改善されるような気がします。

午後からは雨降りに。こんな日は「晴耕雨読」晴れの日には外の仕事を、雨の日には室内での仕事を・・・と言うことで、外での予定が急きょ中止になりましたので、事務所で事務作業を行っていました。
2019年11月21日(木)
今日はミササガパークではなく久しぶりに市原稲荷神社さんのラジオ体操に参加しました。11月5日の日記で「市原さんの四季桜が見頃ですよ」と書いたのですが、あれから2週間以上経過した今日も綺麗に咲いていました。

そして終了後は今日も、近くの喫茶店でみなさんとモーニングです。花を愛でて、皆様と交流し、身体を動かして健康に・・・素晴らしい一日のスタートです。

昼食は西部市民館で頂きました。司クラブの皆さんにより1ヶ月に1度[誕生月 祝 交流会]が行われており、今日は豚汁などが振る舞われていました。この豚汁の味噌も手作りとのことで、「手前味噌ですが・・・」とのギャグと共に提供されていました。

地域の皆さんが集まって和気あいあいの交流会です。

そして、夜は刈谷プラザホテルで行われたボジョレーヌーボー祭りに参加しました。ここでも多くの方と意見交換・交流することが出来ました。

今日は「交流ざんまい(?)」の一日でした(笑)
2019年11月20日(水)
(一社)内外情勢調査会刈谷支部の11月度懇談会に出席しました。

元成城石井代表取締役社長の大久保恒夫氏を講師に迎えて「時代変化と経営改革」についてご講演を頂きました。大久保氏はイトーヨーカドー・ユニクロ・無印良品・ドラッグイレブン・成城石井・セブンアンドアイフードシステムズ(デニーズ)など様々な会社の経営危機や業績停滞を解決しておられます。

「業種・業態の違う分野で処方箋も違うはずなのに、全てをV字回復させるのは難しいのではないか」と先生の経歴を見た時に感じたのですが、講演を聞いてその極意が判りました。

それは「基本の徹底」とりわけ「挨拶の徹底」ということが大切であり、基本の徹底を進めた基盤の上で、積極的に変化に対応するということです。そしてそのことは単に小売業にだけ当てはまるのではなく、私たち政治に関わる者や、今日も出席しておられた各地の副市長さんを始めとした行政に関わる者についても言えることだと感じました。

早速、明日から「挨拶の徹底」です!
2019年11月19日(火)
愛知県議会12月定例会に提出される議案などについて、私たち6名の無所属議員に対して説明をする[連絡会]が開催されました。

12月定例会に予定されている議案は予算議案が10件、条例議案が8件、その他議案が13件の合計31件です。その中に[愛知県県営住宅条例の一部改正について]の議案があり、「県営住宅の入居に際して今後は連帯保証人が必要なくなる」との改正でした。(もちろん未だ上程する予定の段階ですから、決定した訳ではありませんが・・・)

理由としては「保証人を確保できないために入居できない事態が生じないようにするため」とのことですが、一方で今の「連帯保証人が必要」といった制度が実際は機能していないのではないか(つまり、連帯保証人に債務を請求できない事例が増加している)とも思っています。

また警察本部からは[交通事故死者数ワースト1位返上に向けた広報活動について]の説明がありました。

愛知県における交通事故死者数は11月18日現在で133人と昨年の同時期に比べて34人の大幅減となっていますが、それでも全国ワースト3位です。またこれまで16年連続してワースト1という不名誉な記録を残しています。

そこで12月定例会の開会日に[交通死亡事故の根絶についての決議]をすると共に、高齢者ドライバー交通安全セミナーや、年末の交通安全県民運動出発式などに議員としても積極的に参加して交通安全の啓発に協力して行くことの呼びかけがありました。

2019年11月18日(月)
国際展示場(Aich Sky Expo)で行われた天皇陛下御即位記念技能五輪全国大会の閉会式に来賓として出席しました。

この大会は11月15日(金)に全国アビリンピックと合同開会式が行われ、昨日はアビリンピックの閉会式が行われました。つまり3回出席のチャンスがあったのですが、過去2回は他の予定と重なったため、今日やっと技能五輪全国大会の閉会式に出席することが叶ったのです。

自動車産業が集積するこの地域では、技能五輪というと機械組立て、機械製図、旋盤というイメージですが、実際には競技種目は42職種、今回の選手団も約1200名と多岐に渡っており、全ての競技で敢闘賞・銅賞・銀賞・金賞の表彰が行われました。

この全国大会は来年も愛知での連続開催が決まっています。そして先日、国際大会の誘致において、愛知県はフランスのリヨンに敗れましたが、再び立候補する意向を持っているようです。

次は式典だけではなく、実際の競技における巧みの技を観戦してみたいと思います。

午後6時から名古屋観光ホテルにおいて開かれた神野公秀さんの藍綬褒章受章祝賀会に出席しました。

24歳で青年会議所に入会した時に初めての出会いがあり、それ以来私の最も大切な友人であり、公私共に最もお世話になっている方です。今回は愛知県中華料理生活衛生同業組合の役員として、愛知県の食の安全・安心の確保と中華料理業界の発展に多大な貢献をされたことにより受章されたものです。

組合役員さんはもちろん、愛知県知事・国会議員・県議会議員・市議会議員、青年会議所や商工会議所青年部の友人など多方面から沢山の方が出席されており、神野さんの誠実さや面倒見の良さ、そして温かさが伝わる素晴らしい会となりました。

本当におめでとうございます。そして、今後益々のご活躍を確信しています!
2019年11月17日(日)
気持ちの良い秋晴れの下、井ヶ谷の加藤農園さんにおいて、神谷まさひろ後援会女性部主催による『秋の収穫祭(柿狩り&BBQ)』を開催しました。

お手伝い頂いた皆さま、参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。そして、未熟なギター演奏を聞いて頂きありがとうございました(笑)

春の選挙で皆さんによって植えた種が、4年後に大きな身を付けて収穫して頂けるよう頑張ります!
2019年11月16日(土)
刈谷市身体障害者福祉会館で開催されている作品展に出かけました。

刈谷市身体障害者福祉協会の会員さんや、小中学校の特別支援学級の児童生徒などの作品が展示されています。書・絵画・手工芸・写真・生花・フリーアートなどどれも見事な作品ばかりです。名前をみると、知り合いの方の作品も多数ありました。どの作品も本当に素晴らしいです!

(写真)=かりがね小学校特別支援学級の皆さんが作った人形に囲まれて、クラス担任になった気分です。そして会報の中に、以前この会場で演奏した時の私の写真を見つけました。掲載、ありがとうございます。

その後、刈谷地区農業祭りに出かけました。

農業関係の方や福祉関係の方、沢山の知り合いにお会いし、ご意見や励ましの言葉を頂きました。その農業祭りの帰りには『麺処 田吉』に寄りました。

刈谷東中学校時代の恩師が定年後に始めたお店で、いつも賑わっていて駐車場に止めることも出来ないほどの繁盛店です。先生からは「新そばが入ったよ」との連絡を頂いていましたので、少し遅くなってしまいましたが、訪問することが出来ました。

選挙前に先生から言われた言葉「神谷君、とにかく謙虚に誠実にやりなさい 」中学校時代の恩師は人生の先生でもあります。そばを食べながら先生の言葉を噛み締めています。
2019年11月15日(金)
愛知県議会福祉医療委員会が開かれました。

議題は「名古屋税関における不正薬物の水際対策について」ということで、参考人として呼ばれた名古屋税関の調査部長である加藤晋吾氏より「税関業務と薬物密輸の現状」についての説明がありました。

不正薬物の摘発件数の多さや、密輸摘発事例の巧妙さに驚きました。水際で食い止めるべく、職員の皆様のご努力に敬意を表します。
2019年11月14日(木)
現在夜の8時。昨日と今日で行った県外調査を終えて、事務所に帰ってキーボードを叩いています。

昨日は先ず初めに札幌市役所において北海道胆振東部地震による被災状況と被災時の対応(観光客を含む外国人対応・ブラックアウト対応・土砂災害対応)、復旧・復興状況などの説明を受けました。その後、昨年の4月にオープンしたさっぽろ創世スクエアに出かけて、施設の防災機能を現場で見学しました。

そして2日目の今日は、地震の震源地である厚真町に行き、会議室で災害の対応と復旧・復興状況についてお聞きした後、被災現場である吉野地区・宮里浄水場・厚幌ダムや仮設住宅を視察しました。

震災発生あるいはその後の復興において、県の担う役割と市町村の担う役割、更にはその課程での我々議員の役割とを改めて確認しておこうと思います。

▲TOP