東陽町ホンネの日記

2018年11月13日(火)
現在朝7時15分。名古屋中央卸売市場から急いで帰って(と言っても、23号線の共和インター辺りで交通事故があり、渋滞していましたから少し遅くなってしまいましたが・・・)、PCのキーボードを叩いています。

今日から3日間、私ども無所属議員の会と公明クラブと合同で行政視察に出かけます。こうした会派単位での視察は会派単独で出かける場合がほとんどですが、私どもの場合、今回のように公明クラブさんと一緒に出かけるといったことが多いのです。

「違った立場での視点」といったことも参考にしながら、先進自治体の取り組み学んできたいと思っています。では、行って参ります・・・
2018年11月12日(月)
夜、刈谷市議会の先輩である久野金春先生の通夜に弔問しました。

私の1期目と2期目の8年間、先生とは一緒に議員として働かせて戴きました。共産党と自民党ということで、立場や主義主張は違っていましたが、議会の発言では鋭い指摘の中にも、市職員を思いやる温かさのある先輩でした。また「弱い者の立場に立つ」というスタイルを貫いておられ、心から尊敬し見習うべき先輩の一人でもあります。

今日の通夜式にも、会社や団体・組織の立場での参列といった雰囲気ではなく、心から久野金春さんを慕って、偲び悲しみ一杯で、個人の立場での参列といった方ばかりで、先生が生前どれだけ多くの人に慕われていたかが良く判りました。

市議会議員の姿勢として、先生の姿を見習いながら今後も精進して行く覚悟です! 心からご冥福をお祈り致します。
2018年11月11日(日)
今日はカリアンアサイチの開催日、今日もアサイチミニコンサートを楽しみました。ステージには福山雅治と藤原さくらが登場です (@_@)

刈谷駅周辺の花植え活動に参加しました。以前、ある方から「皆さんが綺麗に花を植えたら、数日後に花が数本引っこ抜かれていたよ。悪いやつがいるもんだねぇ~」と言われました。

今日、その「悪いやつ」の正体が判りました。カラスなのだそうです。カラスはミニ葉牡丹が好きで、ミニ葉牡丹だけを抜いて行くということで、今回からミニ葉牡丹を植えることは止めにしたのです。

その後、総合文化センター大ホールで行われた、ある法人主催の講演会に参加した後、再び桜市民館で開催されている文化展に出掛けました。昨日はお抹茶、今日はお煎茶での振る舞い、ぜんざいも美味しく頂きました。
2018年11月10日(土)
先週の熊地区に続いて、今日は桜区の文化展に出かけました。例年同様、俳句講座[花]の皆さんと共に俳句を出展しました。

「菊花展 陰で眺める 主役あり」
「北風に 声を枯らして 辻説法」

実は、俳句講座[花]の活動は都合により現在休止中なのです。従って今日出展した句は、過去に詠んだ句なのです。判る人は「辻説法」の部分で過去のものだと判ってしまいますよね。

午後から、光ワークス風鈴で行われた[風鈴まつり]に出かけました。但し、単にお客として訪れたわけではなく、[風鈴まつり]の中で行なわれた、みことちゃんのライブコンサートの中で一緒にギターを弾かせてもらったのです。

全体で10曲ほど演奏した中の3曲だけですが、「みことちゃんのおとうと弟子であること」「自宅が風鈴から僅か徒歩5分のところにあること」の理由から「演奏中に緊張しないよう場数を踏む」といった目的で、みことちゃんが声を掛けてくれたのです。

やはり、アルペジオの「秋桜」では指が震えて弦が上手に弾けなかったのですが、そうした緊張している姿も含めて、拍手を沢山いただき、楽しんで貰えたのではないかと思っています。

こうした場で演奏することを目的に習い始めたギターですから、目的が一歩だけ叶ったような気がします。
2018年11月9日(金)
桜区の保健推進員と桜区元気なまちづくり協議会との合同で開催された『秋のウォーキング』に参加しました。

事前の天気予報では「降水確率80%」、それでも「小雨決行」となっていましたから、午前9時20分フローラルガーデンに向けて桜市民館を出発しました。産業振興センター辺りから雨が本降りに、そしてミササガパークに到着した時には、風雨が激しくなって来ましたから、フローラルガーデンまで行くことを飽きらめて、そこから引き返すことにしました。

それでも約6Km、適度な運動と地域の方としっかりコミュニケーションを図ることが出来ました。
2018年11月8日(木)
4日に放送されたものを録画しておいたKATCHの特別番組『スペシャル対談 未来へのトーク&トーク ~刈谷を語る~』を見ました。刈谷の経済界のトップリーダーが何を語るか、興味深く同じ番組を2度も見てしまいました。

「企業の社会貢献」「地域への関わり」「コンパクトシティ」「工業のまちといったイメージからの脱却」「V・S・O・P」「刈谷球場の跡地に海外の理系大学誘致」「意志あるところに道は開ける」「広域行政」など・・・内容をキーワードで書くとこのような感じでしょうか。

我々社会における責任世代へのアドバイス・活躍のヒントを貰ったと受け止めています! 明後日10日(土)朝8時30分から再放送もあります。
2018年11月7日(水)
友人2人と鹿児島に行って来ました。

隣町に行くような感じでこうして書くと「えっ、鹿児島~」と驚かれる方が多いのですが、LCCの運行により飛行機料金がとても安くなって、料金的には大阪に行くより安く、また時間的にも新幹線で大阪まで行くのとほとんど変わりませんから、極端に言うと日帰りも出来るほどです。

もちろん知覧の特攻平和会館にも行って来ました。これまでにも何度か訪れていますが、今日は鹿児島高等女学校の生徒として特攻隊のお世話をしていた母を持つ方から、母親から聞いた体験談をお話し戴くことが出来ました。

御霊の安らかなることを念じると共に、こうした悲劇が二度と起きる事のないような社会を作っていくことは我々の世代の責務であると思っています。
2018年11月6日(火)
刈谷市役所では毎議会定例会の最終日の昼に、7階フロアにおいて[市役所フロアコンサート]を開催しています。いつも担当課から、事前にそのチラシが「HPでPRして下さ~い」と言った意味を込めて送られて来るのですが、今回は特に早く送られて来ました(@_@)

28回目となる今回は12月21日(金)のお昼12時10分から12時50分まで「金管五重奏によるクリスマスコンサート」をテーマにお送りします。

トランペット・ホルン・トロンボーン・テューバによる華やかな音色をお楽しみください。
2018年11月5日(月)
博報堂クリエイティブプロデューサーの ひきたよしあき氏がFbにおいて、ハイウェイオアシスの豪華トイレを切り口にして、次のように述べておられます・・・

「刈谷」で講演したのは昨年のこと。

その時、刈谷について調べていたら刈谷のパーキングエリアのデラックストイレに関する話が検索で出てきた。そのときは、「ふ~ん」と思うだけだった。

が、今年の行楽シーズンを迎えて、またこのトイレの話が話題になった。どうやらこれ、ティファニー本社がお手本らしい。

人間心理は不思議なもので、ここまで美しいトイレにすると、誰も粗相をしない。パーキングにも関わらずきれいなんだそうだ。行ったことがないのでわからないけれど、ここから学べることは、人間が環境をつくるのだけれど、環境が人間をつくることもあるってこと。

いつもきれいに掃除をし、整理整頓してある家の子と、カオスな家庭の子では、やっぱりどこかに影響がでるのではないか。

確かに、目の前の環境は その人自身の「心の環境」に反映し、そのことが人格にも大きな影響を与えているような気がします。私自身は今、書類が山に置かれた事務所の机でキーボードを叩きながら、そんなことを考えています。全く説得力がありませんが・・・(笑)
2018年11月4日(日)
同じ会派の加藤議員が経営する加藤農園において『柿の収穫祭』、柿のオーナーさんによる柿の収穫、豚汁などの振る舞い、そして奥様が運営しておられる音楽教室の生徒さんによる電子ピアノでの発表会が行われました。写真に写っている元中日ドラゴンズの大エース小松辰雄さんも柿オーナーの一人です。

音楽教室の発表会の間にゲストによるミニコンサートも行なわれ、私も小学5年生の天才ギターリストみことちゃんと、小学2年生のももちゃんのバックでギターを演奏させて貰いました。

秋桜のソロ演奏では、緊張してメロメロに。みことちゃんに「大丈夫! 大丈夫!」と何度も励まして貰いました(笑)なにせ私はみことちゃんの「おとうと弟子」ですから・・

その後、安城市のアンファーレで今日まで行われている『マザーテレサ展』に伺いました。マザーテレサの写真を見ているだけでも、心が穏やかになって行くような気がします。

閉会式ではみことちゃんが作詞作曲した[マザーテレサの歌]が披露されました。マザーテレサの優しさが感じられる曲です。何だか今日は1日中、みことちゃんと一緒にいるような気がします(笑)
2018年11月3日(土)
久しぶりに桜区健康ウォーキングに参加した後、熊地区の文化展に伺いました。いつも熊地区の方にメールでご案内を戴き、毎年楽しみにしている文化展の1つです。到着すると直ぐに、市民館の中でお抹茶を戴き、その後ホールでの作品を鑑賞しました。

絵画・書・写真・手芸・盆裁・郷土史・生け花・習字・工作・ポスター・・・作品点数の多さとそのレベルの高さには毎年驚かされます。ここまで極めた趣味を持ってみえるのは素晴らしいことだと思います。

そして、熊地区ならではの作品もありました。熊郷土史研究会の皆様による[土井家旧士族絵図]と[刈谷城の復元模型]です。

屋外では豚汁なども振る舞われており、大勢の知り合いの方と楽しく語らうことが出来ました。ありがとうございました。

その後、産業振興センターで開催されている[KARIYA 産業まつり2018]に出かけました。地元の企業や商店56社が出展してのビジネスイベントです。

すぎな作業所さんのブースで、利用者さんと仲良しになりました。向こうから「神谷さんでしょ」と声を掛けて下さいました。日頃、私も町で見かけることはあるのですが、名前を存じ上げていなかったのですが、相手の方が私のことを知って下さっていることに感激しました。

Iさん・Iさん・Hさん・Oさん・・・これからは道で会ったら声を掛けますね!

2018年11月2日(金)
豊田市にあるお客様が実施した[食品衛生講習会]に協力企業の立場で出席しました。

私どもは毎年、衣浦東部保健所が実施している[夏期食品衛生講習会]に必ず出席していますから、今日の豊田保健所と衣浦東部保健所と同じ講習会を2度受講しているのです。こうしたことに「やり過ぎ」はありませんからね!

講習内容は写真の通り、どの講習会でも必ず出てくるのは「ノロウィルス対策」、そして2020年の東京オリンピックを目標に実施が予定されている「HACCP(ハサップ)の考え方について」です。今後全ての食品事業者にHACCPによる衛生管理が義務付けられるようなのです。

消費者にとっては良いことだと思いますし、大規模な事業者にとっては十分対応が可能であったり、既にそれだけの対応をしているところもあるかもしれませんが、果たして小規模な事業所が対応できるのかどうか・・・若干懸念をしています。
2018年11月1日(木)
今日から11月。この日記の日付を思わず「10月」と打ってしまいました。今年も残すところ2ヶ月、月日の経つのは本当に早いものです。

そして今日11月1日は「犬の日(いぬのひ)」だそうです。「犬の日」とは、社団法人ペットフード協会により1987年に制定された日本の記念日で、犬の鳴き声である「ワン (1) ワン (1) ワン (1) 」にちなみ11月1日に決められ、 犬についての知識を身につけ、犬をかわいがる日とされているようです。

わが家でも今から7年ほど前からチワワを飼っていますが、人や猫、鳥はもちろん、小さな虫にまでキャンキャン吠えています。「犬は性格が買主に似る」と言われますから、この臆病な正確と器の小さいところは、きっと私自身の反省点でもありますね!

写真は今から7年前、わが家に来た時のものです。白熊みたいです・・・
2018年10月31日(水)
毎朝私の行く名古屋中央卸売市場(名古屋市熱田区日比野)は日曜・祝日以外に、水曜日が休みということが多いのですが、今日は月末ということもあり、開場していました。

しかし、各地からの水産物の入荷も少なく、働いている方々も手持ち無沙汰で、開店休業といった状態でした。

午後から、刈谷駅周辺連絡協議会の役員会に出席しました。この協議会は、飲食店や風俗店などが立ち並ぶ刈谷駅周辺を、健全で明るいまちにすることを目的に設立され、月に1度の役員会のほか、花と蝶のパトロール活動、年に2回の全体会議などを開催しています。

前回の全体会議では、①刈谷警察署の生活安全課長さん・交通課長さん ②衣浦東部保健所の心の健康推進グループ課長補佐さん ③日本たばこ産業の課長さんらによって、それぞれの分野での講話がありました。

そして今日の役員会には、警察の方や市職員さんも参加され、12月26日(水)に大規模に行なう年末パトロールについての打ち合わせが行なわれました。
2018年10月30日(火)
夜、刈谷駅周辺では21回目となる『ほろ酔い カリアンナイト』が開催されました。参加71店舗を飲み歩くイベントで、今回も店舗の方もお客さんも[仮装]をしてのイベントです。

飲み歩き以外にも、まちかどライブ・プロレス・仮装コンテストなども行われ、刈谷駅周辺はお祭りのような盛り上がりです。写真は、西尾信用金庫前での路上ライブ=みこと&wカホンズ+ももちゃんです。

今回は私は、前桜区地区長の面高さん、一里山地区長の坂田さん、反原発や食の安全などの問題に取り組んでおられる城内さん、そして後半からは子ども達とも合流して5軒をはしごしました(面高さんはちゃんと仮装をしての参加です)

毎回「今回は新しい店を開拓しよう」と思って臨むのですが、結局毎回同じ店ばかりになってしまいます。新たな店を開拓するためにはチケットを2冊分(10店舗分)くらい購入しなければダメみたいです(笑)

商店街やNPOまちづくりかりやさんを始め、多くの皆さんのおかげで、こうしてまちに活気が生まれて来ますし、私たちも楽しむことが出来ます。スタッフの皆様、本当にありがとうございますm(__)m 
2018年10月29日(月)
今年も市内の中学3年生が[地方自治制度学習事業]の一環として議会を訪問しています。

市内6中学校に38クラスありますから、日にちと時間を分けて1クラスづつ議場に入り、先ず市議会全体の仕組みを事務局から説明した後、模擬議案に対して生徒の皆さんが実際の議会さながらの審議をして行くのです。

模擬議案第1号は「刈谷市図書館条例の一部改正について」ということで、「刈谷市の南部に新たな図書館を作った方が良いかどうか?」といった内容の議案が市長役の生徒により提案されました。そして、委員会に付託し審査→その結果を委員長役の生徒が本会議場で報告→採決、と本番と同じ流れで進んで行くのです。

他の自治体で、各学校の生徒代表が集まって[子ども議会]が行われることがありますが、一部の生徒だけが関わるのではなく、この事業のように「全ての3年生が議場に来て、模擬議会を体験する」という刈谷市の方式は、学校・議会事務局側の苦労はありますが、生徒にとっては非常に良い経験だと思います。
2018年10月28日(日)
桜市民館の駐車場で資源回収のお手伝いをしました。

刈谷市では新聞紙・雑誌・ダンボール・布・アルミ缶・スチール缶の回収に対して1Kgあたり6円(事前に年間計画を提出した場合には7円)の報償金を出しています。回収量は刈谷市全体で年間3132t、報償金の合計額は2100万円となり、この報償金が地区での様々な活動資金になっていますから、ごみ減量化の取り組みであると同時に、地域活動の活性化にも繋がるシナジーの高い事業です。

神谷まさひろ後援会女性部副部長の杉浦さんにご案内を戴いて、刈谷ハイウェイオアシスで開催されている『刈谷音楽協会の日コンサート』に出かけました。

開会1時間ほど前に事務所を出たのですが、ハイウェイオアシスの駐車場が超満員、いつもなら遠方の駐車場には若干空きがあるのですが、その駐車場に入るにも長い列がありました。仕方がなく急きょ豊明に走って、伊勢湾岸道路の上り線に乗り、サービスエリアの駐車場を使用する方法で何とか間に合うことが出来ました。

写真はロータリークラブバンドの演奏風景です。商工会議所会頭がギター弾きを、かかりつけ医院の大先生がドラムを叩き、高校の先輩がベースを、後輩がボーカルを・・・兎に角「カッコいい」の一言です!
2018年10月27日(土)
朝方の雨も上がり、素晴らしい秋晴れの下、刈谷駅周辺では『刈谷アニメ collection2018』が開催されました。チラシの「交通手段」の所に「東京・横浜から」と書かれているくらいですから、県外からも大勢参加しておられるのだと思います。

刈谷駅の連絡通路では、コスプレ参加者とその姿を写真に収めるために参加した方とで混雑をしていました。参加者を見ていても、正直どんなアニメのコスプレなのか全く判りませんが、知り合いの方が「あの子ども達は『はたらく細胞』と言う流行のアニメだよ」と教えてくれましたので、ちゃっかり一緒に写真に納まって来ました。確かに複数のグループを見かけます。

写真のライオンコンボは全て手作りで厚紙とダンボールで約1ヶ月ほど掛けて制作し、瀬戸市と名古屋市から参加とのことです。

「刈谷市はコスプレの聖地とファンの間では言われている」らしいのですが、今日の賑わいはその噂通りの印象です。こうした若者向けのイベントを通して刈谷市が活気のあるまちになることは嬉しいことです。

夜、安城学園高校元校長の坂田先生が主宰する『おいしいものを食べる会』に参加しました。会場は安城市の『花の宴』さん、教育・子育て支援・音楽・スポーツ・語り・政治・芸術など様々な分野で活躍しておられる皆さんの集まりで、今回はいつもより少なめですが、それでも約50名の参加がありました。

「今週は4日間、坂田先生と行動を共にしています。坂田先生とずっといて改めて感じたのは『坂田先生は必ず人を誉める』ということです。誉められれば、誉めてくれた人のことを好きになりますし、誉められれば益々頑張ろうと言う気になります。誉め育てこそ教育の原点だと思います」そのような主旨の挨拶をさせて頂きました。
2018年10月26日(金)
夜、『西三河願いごとカウントダウンフェスタ2019』の実行委員会に出席しました。昨日・一昨日と、このイベントの協賛金集めで企業訪問を行なっていますから、今週の日記はこのイベント関係の事柄が続きます(笑)

安城市のデンパークにおいて行なわれるこの『西三河願いごとカウントダウンフェスタ』は、安城学園高校の元校長坂田先生の呼びかけで集まった仲間が中心となり実行委員会を組織して、安城市のほかに、碧海5市の自治体・ロータリークラブ・ライオンズクラブ・青年会議所などが後援をし、今回で4回目となるイベントです。

実行委員会に集まった皆さんは、様々な分野で活躍をしておられる多彩な方々で、今日の会議の第一部は全体会議、第二部ではそれぞれの担当に分かれて打ち合わせをしました。前回の実行委員会までは、実施出来るかどうか疑問だった第九の合唱も実施することが決定し一安心です。その他のイベントの中身についてもかなり纏まってきたような気がします。

刈谷駅前のみなくる広場で行なっている[ストコラ]の主催者である高田さんに、このカウントダウンイベントへの参加を呼びかけたところ、早速今日の実行委員会にも出席してくれて、当日の開催も決定しました。

と言うことは・・・しくみの上では、私もデンパークのステージで演奏することが出来るということですが、流石にその度胸はありません(笑)
2018年10月25日(木)
午前中、市民要望の現場確認の後、昨日同様『西三河願いごとカウントダウンフェスタ2019』への協賛金お願いのための会社廻りを行ないました。

夜、市民活動ボランティア活動センターで行われた[わいがや井戸端会議]に参加しました。聞き慣れない会議名で、どんな会議かと言いますと・・・

特に議題が決まっている訳ではなく、「かりやの町を良くしよう」という共通の思いで参加した方々が、様々な分野で様々な意見を語り合う場です。

今日も自治会のこと、婦人会のこと、市議会議員の役割、まちの風格についてなど、あっという間の2時間でした。
2018年10月24日(水)
今日は名古屋中央卸売市場が休みの水曜日です。いつもより遅くまで寝ていられるので、本当に嬉しいです。と言っても、6時前には起床していますけれど・・・

もし毎朝6時まで寝ていられるとしたら、今日のように6時前に起きることに嬉しさを感じることはないと思うのですが、3時半の起床が当たり前になっていると、6時前の起床が嬉しくて仕方がありません。気持ちの思い方ひとつで、なんだか得をした気分です!

大晦日に安城のデンパークで開催される『西三河願いごとカウントダウンフェスタ2019』への協賛金お願いのための会社廻りを、安城学園高校の元校長である坂田先生、大会の事務局長を務めておられる(株)meetsの小嶋社長さん、総合監督演出のピッチFMの勅使河原さん、広報チケット担当の筒井さんらと共に行いました。

「ついこの間、坂田先生とこうして企業訪問をした」と思っていたのに、もう今年もそんな時期を迎えてしまいました。一年の経過の早さには驚きです (@_@)

2018年10月23日(火)
刈谷市都心交流エリア活性化協議会ワークショップに出席しました。

ちょうど一週間後の10月30日(火)に行なわれる第21回カリアンナイトの実行委員長(写真=居酒屋ひふみさんの若大将です)が出席され、その内容について数点説明がありました。

今回は前売りチケットの販売状況が非常に良くて、この調子ですと目標の3000冊をオーバーして3500冊にまで行くのではないかという見通しだそうです。そして、これまで本部テントを設置していた刈谷駅北口広場が再開発工事のために使うことが出来ないので、本部は旧野村医院の跡地(現在は商店街が管理しているコインパーキング)に設置をするとのことです。

そして混雑が予想されるため、その駐車場の所と西信さん前の横断歩道の所にプロの警備員を配置、また桜区としても防犯パトロール隊の皆さんが巡回して下さるとのこと。更に先日、回覧板において「カリアンナイトに伴う混雑と騒音のお詫び」で地区住民に周知するなど、ただイベントを開催するだけではなく、地域住民の方々への配慮がしっかりされていることに感心をしました。

ところで・・・ワークショップ会場となったスペースアクアの隣(これまでパチンコ店のあった所)がすっかり更地になっていました。今後この場所に2棟のマンションが建設されるとのことです。1棟は9階建て、もう1棟は17階建てとのこと。刈谷市のマンション需要は驚くほど旺盛ですね。
2018年10月22日(月)
午前中は食品衛生協会の指導員としての仕事、保健所において事業所から持って来られる検便の受付業務を行なっていました。

午後からは、会派での打ち合わせです。先日行なったタウンミーティングで出された意見を[公共施設連絡バスに関すること][それ以外の意見・要望][アンケートに書かれていた意見・要望]といった分類に分け、それぞれ今後の対応について話し合いをしました。直ぐにでも担当課に要望した方がよい案件については、今日早速担当課に出向いてお願いをしておきました。

会派打ち合わせの席で加藤議員から11月3日・4日に加藤農園において開催される『柿の木オーナー 収穫祭コンサート』のご案内を戴きました。

「小学5年生のギターリストみことちゃんのギター・ボーカルの後ろで僕がギターを弾くスタイルで、飛び入り出演してもいい?」と半分冗談で聞いたところ「大歓迎」と仰って戴きましたので、とんとん拍子に急きょ出演することになりました。4日(日)の正午頃からの出演です。話をしてみるものですねぇ~ 想像しただけで緊張しますが・・・
2018年10月21日(日)
午前中、小学5年生の天才ギターリストみことちゃんとギターレッスンを行いました。みことちゃんの率いるバンドが11月に刈谷市内のある施設で演奏することになり、そのバックで2~3曲演奏させてもらうことになったのです。

その施設はわが家から徒歩5分ほど、そしてみことちゃんのギターの先生と同じ先生に私もレッスンを受けているといったご縁で「おとうと弟子(私のことです)に出演の機会を・・」というあね弟子(みことちゃんのことです)からの温かい配慮なのです。

少しくらいのミスはみことちゃんが十分カバーしてくれますから、安心感はあるのですが、緊張を吹き飛ばすことが出来るよう十分練習しておきたいと思います。

昨日のタウンミーティングで戴いた要望・意見について、現場確認に廻っています。当たり前ですが、タウンミーティングで皆さんの声を聞いたら終わりではありません。その声をどのように市当局に届けるか、その声をどのように実現させるのか・・・これからの方が重要です。
2018年10月20日(土)
一ツ木市民館において第5回タウンミーティングを開催しました。

今回は[9月定例会の報告][平成31年度の予算要望の報告]の他に、「公共施設連絡バスは今までのように無料が良いか、それとも受益者負担の視点から有料でも良いのか?」といった投げかけをしての意見交換を行ないました。

「現在、刈谷市として有料化の意向がある」という訳ではなく、あくまで参加者から様々なご意見を出して戴き、活発なやりとりをするための手法として行なったのです。

戴いた声を総合してまとめると、「有料にするならダイヤを増やして路線網を充実すべきだ」といった感じに思いました。あるいは「有料・無料といったことには皆さんそれほど関心がなくて、便数が少ないことへの不満が多い」といった感じかもしれません。

その他、「トヨタ系などの企業とタイアップしてバス事業を行なってはどうか」「車内広告による収入を得てはどうか」「オンデマンドタクシーの検討をしてはどうか」など有料・無料の意見以外でも様々な意見が出されました。

加藤議員が「他市との相互乗り入れのためには有料にする必要がある」といった問題提起をしたのですが、その「相互乗り入れ」について個人的には、大胆な考えを持っています。それは近隣市のバス事業を衣浦東部広域連合で行なっても良いのではないかということです。衣浦東部広域連合は現在、消防事業だけを行なっていますが、それだけに限定することなく、介護事業など他の事業を行なっても良いはずです。であれば、バス事業を・・・・とも思うのですが、少し奇抜過ぎますよね(笑)

終了後、毎回参加して下さっている方から「今回は意見交換がしっかり出来て、これまでのタウンミーティングの中で一番良かった」との声を戴きました。こうした何かテーマを決めて(問題提起をして)皆さんで意見交換をするといった手法は正解だったと思います。

参加者の皆様、本当にありがとうございました。


2018年10月19日(金)
刈谷市美術館で開催されている『金魚絵師 深堀隆介展』に再び出かけました。

この展覧会が始まったのが9月15日(土)、その日に母と来たところ、駐車場が一杯で入りきれず「やっぱり初日だから混んでいるね。もう少し日にちが経って少し空いたら来ることにしよう」と、その日は諦めて帰りました。

その後私は一人で、10月6日に来たのですが、あの時の母との約束を果していないことが気になっていたのです。

透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描いているのですが、どの金魚もまるで生きているようで、何度見ても楽しませてくれる展覧会です。